人気ブログランキング |

アシュタンガヨガのある毎日
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いのちに、祈りを

大雪の翌朝は大雨。
筑土八幡神社下の交差点が、
海のようになっていた。

いのちに、祈りを_a0077315_20355532.jpg


長靴が劣化して浸水するので、
買い直そうと思っていて実行せぬまま。
仕方なく、飛びながら渡る。
ハヌマーンのように
ひとまたぎできたらいいのに。

それでも冷えとりソックスのおかげで、
皮膚までは沁みて来なかった。
脱いだら靴下は湿ってたけどね。

表参道へ。
待ち合わせ場所のピュアカフェに入ったら、
雪のためオープン時間が変更になってた。
それを知らせるメッセージを打っていると、
スタッフの方がお茶を持って来てくれた。

わあ。
雪で足は冷たいけど、心はほっこり。
売ってるものだけじゃなくて、
人もオーガニックなんだな。

外では若いスタッフが、
プラスチックのゴミ箱やチリトリで、
雪かきをしていた。

いのちに、祈りを_a0077315_20355087.jpg



さて、
有機的な打ち合わせのあと、
帰りにナチュラルハウスに寄ったら、
レジのとなりにある理念が目に入った。
初めて見たわけではないのに、
なぜか今日の私に訴えてかけてくる。

自然と共存するため、不自然な行動を慎む。
すべての生命力を、余すことなく活用する。
その意志を、次の世代へと継続する。

それが、ナチュラルハウスの考える、
オーガニックというライフスタイルです。

ひとりひとりのできることは小さいけれど、
あきらめない勇気、変えようとする信念、
そんな“祈り”が大きな力となるとき、
私たちは、自然への恩返しができるのだから

「あきらめない勇気、変えようとする信念」
というところに励まされた。

いのちを、自然を、私たちの地球を、
ないがしろにされたとき、
とても深いかなしみを感じる。

いつも自分が正しいわけじゃないけれど、
わかってもらえない人が多いとき、
とても深いむなしさを感じる。

だけど、私はわたしなりのやり方で、
「あきらめない勇気、変えようとする信念」
を持ち続けていこう。

小さな小さな、
定員12人のムーブメントだけど、
小さな“祈り”が大きな力になるように。

ナチュラルハウスの理念
http://www.naturalhouse.co.jp/about/rinen_nhstory.html
by chayoga | 2014-02-15 21:34
アシュタンガCHAZEN
カテゴリ
タグ
検索
以前の記事
記事ランキング
その他のジャンル